英語漬け.com

英文法:接続詞


このページで動名詞について分かるようになります。
下の「かくす」ボタンから英語・日本語をかくして理解を確認しながら進めることが出来ます。

接続詞の項目(クリックで移動)



接続詞の基本

文と文をつなぐ働きをするものを「接続詞」と言います。接続詞には「対等な接続詞(等位」と「従う接続詞(従属)」の2種類があります。

これだけは覚えよう接続詞下に重要な接続詞があるので接続詞となる単語を覚えよう。


接続詞になる単語

良く使う単語 意味 
"
and
"
そして、~と
"
but
"
でも、しかし
"
or
"
~かどちらか
"
so
"
だから
"
when
"
する時
"
because
"
なぜなら、~のために、~なので
"
if
"
もしも~なら
"
before
"
~する前
"
after
"
~した後
"
while
"
~する間
"
until
"
~するまで
"
that
"
~ということ


練習:接続詞の基本

日本語 英語
私と彼は図書館の中にいます。
I "
and
"he are in the library.
彼は英語が話せます。そして、あなたも話せます
He can speak English, "
and
" you can (speak).
あなたは泳げますが、私は泳げません。
.You can swim, "
but
" I can't (swim).
あなたか彼女がこの果物を食べます。
You "
or
" She eat this fruit.
雨が降っています。だから、私は家へ帰るつもりです。
It is raining, "
so
" I will go home.
野球をしている時、彼は彼はかっこいい。
.He is cool "
when
" he plays baseball.
昨日疲れていたために早く寝ました。
.I went to bed early, "
because
" I was tired.
もしあなたがテニスをするなら私はTVを見るつもりです。
"
If
" you play tennis, I will watch TV.
私のお父さんが帰ってくる前に私の弟は部屋を片付けました。
My brother cleaned up his room, "
before
" my father comes back.
私が歌っている間、彼は寝ていました。
He was sleeping "
while
" I was singing.
あなたが宿題をし終えるまで私は家に帰れません。
I cannot go home "
until
" you finish doing homework.
私はあなたが料理をすることが好きです。
.I like "
that
" you cook.



1) 対等な接続詞

対等な関係の語句や文をつなぐものを「対等な(等位)接続詞」と言います。

ポイント特によく出る次の4つは覚えよう。
①and … 追加「~と」  順接「そして~」
②but … 逆接「しかし」「けれども」
③or … 選択「~か…か」
④so … 順接「だから~」


練習:対等な接続詞

日本語 英語
アヤとユミはこの教室にいます。
Aya "
and
" Yumi are in this room.
あなたはサッカーが好きです。そして、野球も好きです。
You like soccer, "
and
" you like baseball too.
あなたは日本語が読めますが、私は読めません。
You can read Japanese, "
but
" I can't.
東京か横浜のどちらかを訪れてください。
Please visit Tokyo "
or
" Yokohama.
彼は英語を一生懸命勉強しました。だから彼はその学校に行きました。
He studied Math hard, "
so
" he went to the school.



 2) 従う接続詞

文章(節)を従える接続詞を「従う(従属)接続詞」と言います。
※節とは、主節と従属節があり、文の中心となる情報を持つ部分です。従属節とは、主節に情報を付け加える部分のことを言います。

主節と従属節には、それぞれに主語と動詞が必要です。

ポイント特によく使う以下の7つを覚えよう。
①when … 時「~する時」
②because … 理由「(なぜなら)~だから」
③if … 条件「もし~ならば」
④before … 時「~する前に」
⑤after … 時「~した後」
⑥while … 時「~している間」
⑦until … 時「~するまで」


練習:従う接続詞

日本語 英語
私が家に帰った時、私の母は料理をしていました。
My mother was cooking "
when
" I came home.
私は朝食を食べなかったので、お腹が空いています。
I am hungry "
because
" I did not have(eat) breakfast.
もしあなたが自由(ひま)なら、テニスをしましょう。
"
If
" you are free, let's play tennis.
毎日彼女はランチを食べる前にその部屋を片付けます。
She cleans up the room"
before
" she eats lunch everyday.
彼は数学を勉強した後に英語を勉強しました。
He studied English "
aftere
" he studied Math.
私が泳いでいる間に彼女は水を飲みます。
She drinks water "
while
" I am swimming.
私が来るまで、ここで待っていてください。
Please wait here "
until
" I come backs.




3) 「~ということ」の接続詞

that には、従う(従属)接続詞としての使い方もあります。この場合、that は「~ということ」という意味になります。

ポイント接続詞that は省略(文章中に書かれない)されることがよくある。省略されている場合は、that を補って訳す必要がある。
You know that(省略可能な接続詞) I am a student.「あなたは私が生徒であると知っている。」


練習:「~ということ」の接続詞

日本語 英語
私は彼が背が高いということを知っています。
I know "
that
" he is tall.
彼女はあなたが朝ごはんを食べたことを知りません。
She does not know "
that
"you ate breakfast
私の父は私が医者になることを望んでいます。
My father hopes "
that
" I become a doctor.
彼女は彼が来ることを信じています。
She believes "
that
" he comes.



無料で英単語を検索でき、調べた単語の良く出るレベルがわかります。  

英語漬け.com文法ホームに戻る

英語漬け.comホームに戻る