英語学習に役立つサイトNo1を目指す。 お問い合わせ
      英語漬け.com      TOEICスコアアップ専門本屋
 ホーム  発音が出来ない理由


発音が出来ない理由

 
 声を大にして言いたい。英語の発音は
訓練できます。
そして発音はある程度のレベルまで誰でも到達することが出来ます!

 残念ながら日本では、学校教育において発音の授業がありません。
そのため、発音する方法について知っている人が極端に少ないのです。

どうやって発音を訓練するの

 発音は @口の形 A舌の形 B息の吐き出し方の3つで構成されています。
つまり英語の発音は 日本語にない 口・舌の形・息の吐き出し方をする必要があります。

 例えば、縦笛で『ド』の音を出す穴を指で押さえながら『ミ』の音を
出そうとしても出ませんよね。あたりまえです。
でも皆さんの英語の発音は同じことをしているのです。
つまり
日本語の発音方法で英語の発音をするから出来ないのです。

 日本語には日本語、英語には英語に適した口・舌の形があるのです。
しっかりとした英語の口・舌の形を覚えれば 発音はきれいになります。

 ここで一例ですが、英語の『f』の発音は上の前歯を下の唇につけて
その間から息を吹きます。それがfの発音になります。
息を吹く音 が立派な発音になっているのです。もちろん日本語にはない音です。


※fの発音の形

 これら1つ1つの発音を覚えて組み合わせれば、
英語の発音らしい音が聞こえてきます。これを覚えればあなたの英語の発音は
すでに『別世界の発音』になっていると思います。練習すれば決して難しいことではありません。
3ヶ月練習すれば、世界が変わります。

 ちなみに帰国子女でないのに英語の発音がきれいな人はこの発音のルールを知っています。

 英語の発音はある程度のレベルまで絶対に到達できます。
私のお勧めする発音トレーニングです。こればっかりは
無料教材がありません。

英語の発音とリスニングUDA式30音トレーニング(DVD)



英語の発音をきれいにしてリスニング力UP、スギーズイングリッシュ




英語漬け.comホームへ戻る