英文法:助動詞

問中 ( 正解:問|不正解:問 )




助動詞の解説

これだけは覚えよう助動詞の基本主語が何であろうと、助動詞と一緒に使う動詞の形は 動詞の原形(-edや-sのつかないそのままの形) だ。

例:He can(助動詞) swim(動詞の原形).「彼は泳ぐことが出来る」となる。

基本の助動詞は10種類程度だ! 下の一覧表で覚えてしまおう。


助動詞の基本

助動詞は(can, will)の他にも must, have to, should, may,shall も良く使います。

助動詞の種類を覚えよう
日本語 助動詞 
~できる
can
~できる
be able to
~できた
could
~する予定です
will
~する予定です。
be going to
~しなければならない
must
~しなければならない
have to
~すべきである
should
~してもよい
may
~しましょう
shall


練習:助動詞の基本

日本語 英語
私は早く走れます。
I "
can
" run fast.
=I "
am able to
" run fast.
昨日、私は一生懸命勉強することが出来ました。
I "
could
" study hard yesterday.
=I "
was able to
" study hard yesterday.
あなたは学校へ行く予定です。
You "
will
" go to school.
=You "
are going to
" go to school.
彼は彼の部屋を掃除をしなければなりません。」
He "
must
" clean up his room.
=He "
has to
" clean up his room.
あなたはその本を買うべきです。
You "
should
" buy the book.
私は買い物に行っても良いですか?
"
May
" I go shopping?
(私たちは)ダンスをしませんか?
"
Shall
" we dance?



1) can/could/be able to

「できる」には以下の助動詞があります。
can … ①可能「~できます」  ②許可「~してもよいです」
could … can の過去形
be able to … 可能「~できます」

ポイントcan や could を可能の意味で使う場合be able to で書き換えることができる。


練習:can/could/be able to

日本語 英語
私は泳ぐことができます。
I "
can
" swim.
=I "
am able to
" swim.
先週、私は上手に泳げました。
I "
could
" swim well last week.
=I "
was able to
" swim well last week.
午後、私は図書館に行っても良いですか?
"
Can
" I go to the library in the sfternoon?
="
May
" I go to the library in the sfternoon?



 2) will/be going to

未来を表す助動詞には以下の二つがあります。
will … 未来「~する予定です」「~するでしょう」
be going to … 未来「~する予定です」「~するでしょう」

ポイントwill は be going to で書き換えることができる。分からない時は未来形を復習しよう。
「~する予定でした」は"was/were going to"で表す。


練習:will/be going to

日本語 英語
今晩、彼女はそのパーティーに来るでしょう。
She "
will
" come to the party.
She "
is going to
" come to the party.
彼女はそのパーティーに来る予定でした。
She "
was going to
" come to the party.
明日、私は数学を勉強する予定です。
I "
will
" study Math tomorrow.
=I "
am going to
" study Math tomorrow..
私は数学を勉強する予定でした。
I "
was going to
" study Mathr.



3) must/have to

mustとhave toには以下の意味があります。
must … 義務「~しなければならない」
have to … 必要性「~する必要がある」

ポイントmust/have tomust と have to は、肯定文ではほぼ同じ意味になるが、否定文では意味が異なる。訳し方・使い方に注意が必要だ。
mustの否定文は「してはいけない」という禁止、have toの否定文は「する必要がない」という意味になる。
You must not go.「あなたは行ってはいけない。」
You don't have to go.「あなたは行く必要がない。」
上の二つは禁止の意味があるかないか が違いだ!


練習:must/have to

日本語 英語
あなたはそこへ行かなければなりません。

You "
must
" go there.
→You "
have to
" go there.
あなたはそこへ行ってはいけません
。(禁止)」
You "
must not
" go there.
→禁止はhave toで書き換えられません。
あなたはそこへ行く必要がありません。
(不要)」
You "
don't have to
" go there.
→Mustでは書き換えられません。
私はそこへ行く必要がありますか?

→いいえ。ありません。
"
Do
" I have to go there?
→No, you don't (have to).



4) should

助動詞shouldは義務「~するべきです」「~すべきです」という意味があります。

ポイントshouldshouldはmust よりも弱い義務。「しなければならない」ではなく「すべき」と表す
You should go. 「あなたは行くべきです。」となる
Shouldの否定は"shouldn't"と省略されることが多い。


練習:should

日本語 英語
あなたは彼女を助けるべきです。
You "
should
" help her.
あなたは彼女を助けるべきではありません。
You "
shouldn't
" help her.
私は彼女を助けるべきですか?

→はい。助けるべきです。
"
Should
" I help her?
→Yes, you should (help her).



5) may

mayには許可「~してもよい」という意味があります。

ポイントmaycan を許可の意味で使う場合のみ、 may に書き換えることができる。
canのもう一つの意味:「可能(~できる)」では置き換えが出来ない。
May I clean my hands? 「手を洗っても良いですか?」=許可の意味だ!


練習:may

日本語 英語
今晩、あなたはTVを見てもよいです。

You "
may
" watch TV tonight.
→You "
can
" watch TV tonight.
今晩、あなたはTVを見てはいけません。

You "
may not
" watch TV tonight.
→You "
can not
" watch TV tonight.
今晩、私はTVを見ても良いですか?

→はい。良いですよ。
"
May(Can)
" I watch TV tonight?
→Yes, you "
may
" (watch TV).
→Yes, you "
can
" (watch TV).



6) shall

shallには提案「~しましょう」という意味があります。

ポイントshall多くの場合(中学生の範囲など)では、shallは疑問文で登場する。
Shall we ~? は Let's ~. と同じ意味になる。


練習:shall

日本語 英語
(私たちは)映画を見ましょうか?
"
Shall
" we watch a movie?
→Let's watch a movie.
(私が)英語を教えましょうか?
"
Shall
" I teach English?
→Shall we ではないので Let'sでは置き換えられません。

参考資料:文部科学省平成29年度学習指導要領
↑Topへ